公務員の基本知識

将来的に働いてみたいと考えられる職業として、公務員をあげられる方は少なくありません。実際、民間の企業よりも公務員を希望されるということは多くなっており、比較的人気の高い分野とも言えるのです。当サイトではこの公務員に関する情報を紹介しています。

公務員の種類は様々ですが、大まかにわけると国家公務員と地方公務員に区別されます。これらの違いですが、国家公務員は裁判官や防衛省などの職場があげられるのに対して、地方公務員というのは警察官や消防隊員、市区町村の職員などがあげられます。身近な存在としては地方公務員の方が目に触れる事が多いのではないでしょうか。

次に企業と公務員の違いについてですが、一般企業は基本的に利益を目的にサービスや商品を提供されています。そのため、営業や物販などに力を注がれる事が多いです。対して公務員は一般企業ほど利益を追求した仕事を行われることではありません。給料の上がり方は勤続年数や年齢によって変わっていくのが多く、福利厚生も充実しているという特徴があります。

公務員になるためには、所定の試験に合格するほか、先行採用試験などに合格する必要があります。独学で公務員になられる方もいますが、大学や専門学校を卒業し、その知識をもとに試験を合格するという流れが特に一般的です。当サイトではこれらのような公務員に関する情報を紹介しています。より詳しく知りたいという方はぜひ、当サイトをチェックしてみてください。

参照ページ《http://www.o-hara.ac.jp/komuin/》