公務員の種類

テレビ中継などで見るような人が多いのは大臣や副大臣。裁判官や国会議員、防衛省の職員といった人たちで、国家公務員の中での特別職と呼ばれています。また、県知事や市町など選挙により選ばれる人は地方公務員の特別職となります。検察官や国営企業、非現業職員、特定独立行政法人職員といった国に所属している人を国家公務員の一般職と呼びます。また、教師や看護婦といった職は資格や免許といったものが必要となる地方行員の一般職です。

良くかかわることがあるかもしれない役所に勤めている人たちは一般行職と呼ばれる公務員で、確定申告や何かをする際の許可をもらうことといった様々な手続きで会うことになる人たちです。他にも土木関係、これは橋や道路、都市計画といったことを担当している人です。こういった人は地方公務員の技術職であり、土木関係の職業は私たちのライフラインを作り、維持している重要な職業です。有事の際に頼ることが多いのは消防士や警察官といった人たちでしょう。彼らも地方公務員で、体力も必要となってくる仕事です。

こういった公務員は法律により動きます。そのため、自分が学ばなかったことでも法律が変われば学び、対応しなければならない仕事で私たちが暮らす上で必須の人々ともいえます。